CALENDER

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

CATEGORIES

archives

LINKS

2012.03.07 Wednesday

博多その1

先日、博多へ行ってきました!

FMaiaiの「8時だヨ! 神さま仏さま」
2月29日放送の中でお話しした櫛田神社です。

私が行ったのは節分直後だったので、鳥居がこんな状態……。

kushida.jpg
旅行で上がっているテンションが更に↑↑↑

曳き山笠が走るという境内は広く
飾り山笠も常設展示されていました。

kushida2.jpg
江田宮司が『教典拾い読み』コーナーで紹介しておられた
神話・天岩戸の場面が♪

kushida3.jpg
反対側に回ると、武者もので「智将疾風関ヶ原」

小学校の職員室を思い出すような
大きな社務所でご朱印をいただいて……

帰りはさっきとは別の鳥居(こちらが表?)から出ようとしたら。

桜門の頭上にこんなものが!

kushida5.jpg

干支恵方盤というものらしく、毎年大晦日に矢印を回して次の干支に合わせるそうです。

危うく素通りするところだったんですが、他にも写真を撮ってる方がいたので気づきました。

そして、桜門から出ると……

kushida6.jpg
やっぱり、おたふく♪

櫛田神社から歩いてすぐのところに
「博多町屋」ふるさと館があって
私はここで、博多祇園山笠が
神仏混交なんだと知りました。

2011.12.08 Thursday

クリスマスツリー。

先日、東京に行ってきました。

hills.jpg
表参道ヒルズ。
入口にシンデレラの場所をイメージしたフォトスポットがありました。

ウォルト・ディズニー生誕110周年でコラボしているということで
ヒルズ内にもでっかいツリー
hills2.jpg

一定の時間ごとに音楽が流れ、ツリーの色が変わります。
hills4.jpg

人は結構多かったのですが
音楽が流れると見る&写メを撮るために
みんなツリーから離れるので割と撮りやすかったです
hills3.jpg

2011.07.11 Monday

うさぎの楽園。その2

ちょっと〆切でバタバタしていて更新が遅くなりました[emoji:v-13]
大久野島その2です。

大久野島の外周は4.3km。
レンタサイクルだと30分強、徒歩でも約1時間ということだったので
せっかくだから、歩いてみました。

休暇村を離れても、うさぎさんはいます。

これは毒ガス資料館前のうさぎさん。
私を見ても寄ってはきません。ちょっとクール。

ookuno12.jpg
「なんか用?」
いえ、寝ているところ申し訳ないですが、よければエサと写真を……。

ookuno13.jpg
「ああ、そう。面倒くさいけど、しょうがない。よっこらしょっと……」
ノリ悪いですね……。お腹空いてないのかな?

と思ったら。


ookuno14.jpg
「これだけじゃ足りないわよ! そっちのも寄こしなさい!」
か、顔怖いです[emoji:v-12]
あまりの勢いに写真もブレる……。

というふうに、遭遇したうさぎさんにエサをあげながら、山道へ。
山道といっても、舗装されているところが大半。

ふと気配を感じて振り返ると。

ookuno15.jpg
「そのね、コップの中のがね、美味しそうなの」
かわいい子にナンパされました[emoji:v-354]

どこから出てきたのやら……びっくりしました[emoji:v-398][emoji:v-356]
このうさぎさんなら、神写真を撮らせてもらえるかも[emoji:v-361]ということで

デジカメでも
ookuno16.jpg
「こう?」
いいねー。いいよ、いいよー。
と写真家ごっこをし(さっきとあまり変わらないけど[emoji:v-398][emoji:v-356])

携帯でも激写。
ookuno9.jpg
「ねぇ、ご褒美まだ?」
ちょっと舌が出てる?
何だか顔がカンガルーっぽいけど、かわいいです[emoji:v-413]

自転車も人もほとんど通らないのをいいことに
写真を撮りまくりました。
休暇村の神写真にはちょっと[emoji:v-361]及びませんが、まずは満足。
もちろん、モデル料ははずみました。

あとから気付いたんですが、島の景色をほとんど撮ってませんでした[emoji:v-390]

唯一写真を撮った景色が、海。

ookuno17.jpg

海、近いです[emoji:v-352]
そして、画面では伝わりにくいですが、きれいなんです。
ちなみに下のほうに写っているのが、うさぎさんのエサコップです。

展望台まで行けば、スナメリクジラの回遊海面が見えるそうです。
しかし、暑いなか、一周するだけで精いっぱい。
手持ちの水分も尽きそうだったので、展望台へは行くのは断念。

テニスコートの集落を抜け、休暇村近くへ戻ってきました。
残ったエサをうさぎさんにあげます。

ookuno18.jpg
「またエサがやってきた」
……味のあるお顔をされてますね。


できるだけたくさんの子にあげようとエサをケチっていたら

ookuno8.jpg
「えー。もうオシマイ? オシマイなの??」
ご、ごめんなさい。

ookuno7.jpg
「もっと! もっと! もっとぉ!! くれるまで帰さない!!」
わかりました、わかりましたってば[emoji:v-399]

と、さまざまな攻防を繰り広げ、再び休暇村前に。

ここは子うさぎさんがチラホラいます。

ookuno19.jpg

「へんなのがきたの……めをあわせないようにするの」
ものすごく警戒されてますが、かわいい〜[emoji:v-344][emoji:v-344]
ソテツの下などの群れにいます。

この子は特に警戒心が強く、親うさぎ(仮)の傍から離れません。
エサにまったくつられません。
うさぎはもともと警戒心が強く敏感な動物だし、
生き残るにはこれぐらいでちょうどいいのかもしれません。

喉がカラカラだったので
休暇村のカフェで名物キャンベルソフトクリームを購入。
甘酸っぱく、後味スッキリ。
ガラス越しにうさぎさんを見ながらいただきました[emoji:v-290]

数時間過ごした大久野島。
忠海港に戻り、駅まで歩きながら、無意識にうさぎさんの姿を探してしまいました[emoji:v-411][emoji:v-356]


うさぎさんたちに癒される一方で
大久野島は毒ガス資料館をはじめ、砲台跡、研究室跡、発電所跡など
当時の建物が残っているところも多く、いろいろと考えさせられる場所でもありました。

うさぎさんたちのためにも、そして、自分たち自身やその先の世代のためにも
自然や環境や……いろいろなものを守り続けていかなければなりません。


おまけ。

休暇村の売店で買った、自分用のお土産。

ookuno20.jpg
画像ではわかりにくいですが、親指の爪ぐらいのサイズ。

うちにあったカエルの置物やギリシャ展ガチャガチャのツボとあわせてみると……

ookuno21.jpg
変な集会になってしまいました……[emoji:v-290][emoji:v-356]

2011.07.04 Monday

うさぎの楽園。その1

広島に行ってきました

1日目:広島vs.ヤクルト
2日目:大久野島

1日目。

私、ホームのズムスタで勝ち試合をまだ見ていません
でもいいです。
席が割とアタリで、選手がすごく近かったし。
マエケンダンスを動画で撮ったし。
途中まで結構盛り上がったし。

ということで、気を取り直して2日目は大久野島へ。

戦時中は毒ガスを製造をしていた島ですが、
現在はうさぎが200羽以上生息してる、うさぎ好きにはたまらない場所です。

広島から「こだま」で三原へ。
三原から呉線で忠海へ。
そこからフェリーもしくは客船で渡ります。

暑い日だったんですが、海風を受けてとても涼しかったです。

大久野島上陸前から、チラリチラリと見えるうさぎの姿に大興奮

無料の送迎バスで宿泊施設の休暇村まで行きました。
うさぎは休暇村付近に多くいるようです。

外のベンチでお弁当食べてたら寄ってきました。

ookuno11.jpg
「ちょーだい、ちょーだい、ちょーだい」
あげません。
あなたの食べるものじゃないですヨ

うさぎさんのために、休暇村のフロントに行ってコップに入ったドライフードを購入。
100円也。
結構たくさん入ってます。

そして、美人さん発見

ookuno1.jpg

もちろん、撮影は私ではありません。
休暇村のフロントと売店の間に飾ってある大きなパネルです。
ちょうど入口正面になるので、休暇村に入るとこの子がお出迎えしてくれます。

こんな神写真、素人には無理……
でも、少しでもいい写真を撮りたい

と頑張ってみるのですが。

ookuno3.jpg
「美味しいもの持ってる人、発見!」
近い近い近い

ookuno4.jpg
「ソレ、ちょーだい!」
ちょ、ちょっと待って……

ookuno5.jpg
「なんだ、ストラップか。エサはどこだ!」

神には程遠い……

カメラに集中していると、
エサコップにうさぎさんが顔を突っ込んでたりもします

ものすごい食いつきっぷりです。
匂いなのか、カラカラという音なのか、コップなのか。
どれを認識しているのかわかりませんが、エサコップを持っていると突進してきます。
しゃがんでも、エサをくれると勘違いして近寄ってきますが
持っていないと分かると、即解散

そして、エサコップを手に群れに近づいちゃうとこんなことに。

ookuno6.jpg
「ちょーだい、ちょーだい、ちょーだい、ちょーだい、ちょーだい……!」
幼い少年が襲われていました


休暇村付近は非常に人慣れしている子が多く、フレンドリーなのですが
違う場所の子も見たくなったので移動。

その2へ続きます。もうちょっとマシな画像になる、はず。

2011.02.23 Wednesday

金沢(2)

ちょっとバタバタしていて、後回しになってしまいました。
金沢旅行の続きです。

今回は映画『武士の家計簿』を観た後だったので
ロケ地めぐりというわけではないのですが
雰囲気を楽しもうと、金沢城公園へ。

堺雅人さん扮する猪山直之が登城するシーンで使われた、橋爪門。

櫓を入れようと縦に撮ったから、海鼠壁が入りませんでした

hashidumemon.jpg

今回は「発掘調査中」ということで通れませんでした。
残念。

前田土佐守家資料館や野村家なども回ってきました。
武家屋敷の名残りが多く、
映画でも登場人物たちがこんな道を歩いていたなぁ、と楽しめます。

そうそう、たまたま中央公園でフードピアという催しをやっていたのですが、
ファミリーマートさんが「武士の家計簿弁当」を出されてました
(予約受付、だったかも)
映画にちなんで、小鯛が入ってました

ランチで入った四季のテーブルさんでは
じぶ煮と、かぶらずしをいただきました。
どちらも郷土料理ですが、食べるのは初めて。

かぶらずしは、唸ってしまうぐらい美味しかったです。
かぶに挟んであるから分厚い!
一瞬、どうやって食べようか考えてしまいました。
(そして、ガブリといきました

じぶ煮もこってり甘辛く、大好きなお味でした。
今回は鶏でしたが、今度は鴨も食べてみたいですね。

さて、金沢へ行くと結構歩きまわるので
お土産は帰る直前に駅の百番街で買います。

いつも買ってしまうのが、羽二重餅にしば舟という定番商品ですが、
お店が多すぎて目移りがします
どのお店も商品やパッケージが素敵で、見ているだけでも楽しめます。
週末だったためか、大混雑でした。
平日だともう少し落ち着いて回れるかな?

パッと目についたウサギ型に入った甘納豆。
お世話になっている、漢方柚鍼灸院の先生にお土産にしたところ、
ブログで紹介していただきました。⇒ヨモギ日記
ありがとうございます。

金沢は歴史も古く、自信に充ち溢れた街、というのがいつも感じることです。
観るところがたくさんあって、一度や二度では網羅できません。

また是非行きたいですね

| 1/1PAGES |