CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

CATEGORIES

archives

LINKS

2012.06.13 Wednesday

宮島口「うえの」の「あなごめし」☆

宮島へ行くと、ほぼ毎回食べる「うえの」のあなごめし
宮島口駅と桟橋までの間にある有名な老舗です。

店内で食べたのは初回の一度だけ。
それ以降は持ち帰りの折り箱を予約しています。
そして、宮島で食べるのです

イートインの場合、できたてを食べられる醍醐味があるけれど
人気店だけに結構待つんですよね……。

それに折り箱ならではの魅力があります

へぎの箱が郷愁をそそるんです
レッテルが復刻版で、何パターンかあるそう。


これは大正時代のもの。



こっちは一番最初の、明治の終わりからのもの。

宮島プチ情報?のようなものも載っていて
それを読むのもまた楽し




穴子がぎっちり
この下にはたれのしみこんだご飯がぎっちり。
結構ボリュームがあります

でも飽きずに食べ切ることのできる、絶妙の味なんです



今回は人と鹿の多い桟橋前の広場は避けて、少し離れた駐車場横の
テーブルで食べました。

腰を落ち着けると、すぐにどこからともなく鹿が現れます。
周りをウロウロする鹿を、心を鬼にしてガン見
鹿の目をしっかり見据えます。
ここで鹿の存在を忘れてお弁当を広げると、襲われます

彼、彼女が「こいつは食べ物をくれない」と諦めてくれるまで
しつこく、しつこくガン見
少年マンガのヤンキーのように、火花を散らしている気分で。

多数の鹿に囲まれたら、ガン見作戦も効果がないかもしれないので
できるだけ鹿が少ないところで食べるのがポイントかも。

今回も桟橋前で、子供さんがサンドイッチを齧られて泣いてました
パスタを食べられちゃっている方も。

鹿も必死だと思うので、宮島の自然の中で食べる時は
是非、ガン見作戦を試してください


2011.08.22 Monday

リベンジ、万葉粥!

6月に奈良に行った時に、食べそこなった冷たい万葉粥。

8月に入って、行ってきました[emoji:v-363]

kayu2.jpg

念願の、薄茶がゆです[emoji:v-290]
暑い外気にバテかけていた身としては、目の覚めるようなグリーンが嬉しい。

冷たいお粥、と言ってもキンキンに冷えているわけではなく
常温(?)という感じ。

口に入れるとお抹茶の香りがふんわり。

真ん中に載っているのは、シソなんですが
シソの下にカツオブシの梅肉和え(多分……[emoji:v-356])がありました。

あっさりめのお粥ですが、このシソとカツオブシのおかげでメリハリが効いて
いろんな味が楽しめます。

夏以外のお粥の時は熱々を冷ましながら食べるので時間がかかるんですが、
この薄茶がゆは、さらさらさら〜と食べてしまいました[emoji:v-398][emoji:v-356]

満腹中枢が作動する前に完食……[emoji:v-356]

それにしても目でも涼しく、食べても涼しい。
これを考え出した人は天才だなぁ、と思います[emoji:v-352]

毎月、万葉粥を食べに行くのはなかなか難しいですが、
次も、まだ食べていないお粥の月に合わせて行ってみたいです[emoji:v-343]

2011.06.29 Wednesday

万葉粥。

久しぶりに奈良に行きました。

平日の春日大社は空いていて落ち着きます。
修学旅行生や団体客の姿がチラホラとあるだけです。

たくさんの木々のおかげで暑さも和らいで、かなり快適[emoji:v-290]
久しぶりに森林浴ができました。

さて、春日大社にある春日荷茶屋(かすがにないぢゃや)さん。
奈良に来ると、お昼にここで万葉粥セット(¥1050-)をいただくことが多いです。

室内にはテーブル席もありますが、
奥の庭園もお勧めです[emoji:v-344]
真冬に、庭園であったかいお粥を食べるのも案外◎
一気に身体が温まります。

ここのお粥は白味噌仕立て。
月ごとにお粥の種類が変わるので、何度行っても飽きません。

今日は赤米と小豆。

kayu.jpg

ほんのり甘くて、でも、しっかりした味。美味しかったです[emoji:v-398]
だし巻きも絶品ですよ。

実は……本当は夏季限定の冷たいお粥を狙って行きました。
毎回あたたかいお粥なので、一度食べてみたくて。

この暑さですし、冷たいお粥だろうと思い込んでたのですが
冷たい粥(うす茶粥)は7,8月だけのようです[emoji:v-356]
おしい[emoji:v-363]

8月に再チャレンジします。

ちなみにこのお店、土日は結構混みます。
時間をずらしたほうが待たずに済むと思います。

2011.06.18 Saturday

小松菜。

またもや更新が滞ってました。
更新が滞っている時は、プロット(あらすじ)や企画書づくりに
追われている証拠です[emoji:v-390]

しかし、逃避行動でブログを書く場合もあります。
今回は……逃避行動です[emoji:v-356]

さて。
ベランダガーデニングの小松菜を間引きしました。
どこから間引きしていいのか途方に暮れるぐらい密集して生えてきたので
三日に分けて採取。

komatsuna.jpg

これは根を切って洗ったところです。
お味噌汁に入れるとちょうどいい[emoji:v-344]
カイワレみたいな食感だけど、カイワレほど苦味はありませんでした。

ネットで調べると、小松菜は非常に初心者向けだそうです。
植物をすぐにダメにしてしまう私でも、何とか育てられそう[emoji:v-291]

しかも、うまく育てると、11回も収穫できるとか[emoji:v-363]
(葉を一部残すそうです)

私の場合は、まず食べられるものを育てるという大きなハードルを
クリアしなければなりません。
実は、この小松菜の種を2Lペットボトルを切った簡易プランターで育てようとして、
間引きすらたどり着かなかった過去があるのです。

ちなみに今は本葉になったところ。
大きくなれよ〜と言いながら水を与えています(プレッシャー[emoji:v-361])

パセリも芽が出てきました!
しかし、これがパセリなのかどうにも自信がない[emoji:v-388]
パセリのプランターの上段のマリーゴールドから、種が飛んできたようにも思えます。

ヒマワリも伸びてきていますが、何故かみんな頭が下がってお辞儀しています。

どの鉢もプランターも、毎日ドキドキしながら見守っています。

それにしても、今回の記事、カテゴリを迷いました。
「おいしいもの」も「花」も違うので、新しいカテゴリを考えます[emoji:v-356]

2011.05.14 Saturday

蓮の実、再び。

先日、体調を崩した時に、再び蓮の実を使った料理にチャレンジしました。

料理というか、中華粥[emoji:v-411][emoji:v-356]

ぬるま湯に30分つけた乾燥蓮の実を割り、
緑色の芽を取りだし、四分割に。

緑色の芽って、すべてに入ってるわけじゃないんですねぇ。
入ってると、「お、アタリ」と思ってしまいます。

この蓮の実と椎茸とササミを具に
白だしで味付け、ごま油で香り付けしました。

今回、蓮の実を景気良く入れすぎてしまいまして[emoji:v-356]
柔らかい具の中で、蓮の実が存在を主張していました。
お茶碗1杯につき、蓮の実5個はちょっと多かったかな[emoji:v-13]

蓮の実は味に癖がないので、普段のご飯を炊く時に混ぜてみようと思ってるんですが
毎回、戻しておくのを忘れてしまいます。

次こそ、チャレンジしてみます。

2011.05.02 Monday

薬膳(?)チャレンジ。

観音屋さんでチーズケーキを食べた日に中華街に寄りました。

お目当てはコレ。

hasunomi.jpg

乾燥蓮の実。

お世話になっている鍼灸の柚先生や漢方内科の先生の影響で
薬膳にはぼんやりと興味があったのですが、
自分で料理をするのは大変そう、難しそう[emoji:v-390]というイメージでした。

でも、蓮の実なら戻すだけだし、お値段も高くない[emoji:v-352]
素人なので薬膳とは言えませんが、チャレンジしました、中華おこわ。
炊き込みご飯のような見た目は、不問でお願いします[emoji:v-13]

okowa.jpg

具は蓮の実の他、鶏肉、椎茸、ニンジン、桜エビ、タケノコ。

蓮の実はぬるま湯に30分ほど浸して半分に割り
中の緑色の芽?を取りました。

3合に少し多めの12個入れたはずが、意外と存在感がない[emoji:v-411][emoji:v-356]
(画像中央の黄色っぽいのが蓮の実です)
味は豆みたいで、ほんのり甘い感じ。

まだまだたくさんあるので、
今度は茶碗蒸しか中華粥でチャレンジしてみます。

ちなみに蓮の実の効用は
滋養強壮、疲労回復、精神安定、健胃、下痢止めなどなど、だそうです。


自分でつくったものですが、とりあえず入れるカテゴリがないので
「おいしいもの」カテゴリに[emoji:v-356]

2011.05.01 Sunday

チーズケーキ。

さて、先日の野球観戦の帰り、元町に寄りました。

中華街でお買い物した後は、観音屋さんでお茶しました。

久しぶりにデンマークチーズケーキ

cheesecake.jpg

携帯画像からは伝わりづらいですが、ぴっかぴかのツヤツヤです

下の土台は甘く、上のチーズは塩っ気があり。
アンマッチに思えるのに、絶妙の組み合わせ。
歩き疲れた身体にぴったりなのです。

大きく見えますが、ペロリと完食。

そして、この後、元町ケーキさんまで歩き、夜のデザートに「ざくろ」も購入してしまいました。

元町に来ると、どうしてもこの2店に寄りたくなります

2011.02.07 Monday

春節祭と観音屋

先日、用事があって出たついでに、神戸の南京町まで行きました。

南京町はちょうど春節祭の期間。
この期間の南京町は初めてで、ちょっと楽しみでしたが。

ものすごい人、人、人……

混雑しているだろうとは思いましたが、
予想以上でした。

一方通行の規制で、東側(長安門)からしか進入できません。
やっと門をくぐると、獅子舞があちこちの店を回っている時間帯だったために
人々の足も止まりがち。
踊り狂う獅子舞の頭だけは見えました
鳴り物の音がすごかったです

いつも行列の老祥記さんも、混乱を避けるためか店舗の位置が変更になっていました。

あまりの人込みにゆっくり散策もできず、広場での催し物に並ぶ根性もなく、
烏龍茶だけ購入して退散

syunsetu.jpg
(広場の裏側……。立ち去り際、人が少なくなった地点から撮影)

滞在時間は短かったのですが、
お祭り特有の高揚した雰囲気が味わえて、なかなか良かったです

ランチは元町商店街の「観音屋」さん。

あつあつチーズケーキが有名なこのお店。
以前食べたミートソーススパゲティの濃さと、別添えのチーズの深い味が忘れられず、
もう一度食べたいと入ったのに、ランチメニューのチキンライスに誘惑されてしまいました。

チキンライスも味付け濃い目かな
でも、飽きの来ない味で美味しくいただきました
ここのフードは、丁寧に作られているなぁ、という感じがして好きです。

今回は食べませんでしたが、あつあつのチーズケーキ。
好みが分かれるようですが、本場のチーズを使ったこのケーキも大好きです
今度は絶対食べます

2011.01.29 Saturday

元町ケーキ

お仕事情報ばかりの記事が続いたので、おいしものも。

神戸・元町に行くと必ず寄ってしまう、ケーキ屋さん

「元町ケーキ」さん

元町商店街近くにあるとても有名なお店で、
いつもお客さんでにぎわってます。

ここのケーキはどれも美味しいですが、特に好きなのが
「ざくろ」という名前の生ケーキ

motomachizakuro.jpg
(これはお持ち帰りした時の写真)

なかなか大きいんですが、スポンジもクリームもあっという間に
口の中でとろけてしまい、「もう一個食べようか」と言ってしまうほど。

これで260円は安いです。
<ごめんなさい、最初にUPした時250円にしてました。現在は260円です>

お一人でたくさん買われる方も多く、ショーケースの中の
「ざくろ」があっという間に減って行きます

窓際の開放的なスペースでイートインもできます。
セルフで落ち着いた感じですよ

| 1/1PAGES |